ダーツのグルーピングを最小にまとめる練習方法とコツ8選【SAフライトを目指す!】

SAフライトになる為のダーツ練習方法

 

 

どうもダーツインストラクターほとちゃんです。

 

今回はダーツ歴10年、Rt17の私が

 

ダーツのグルーピングがなかなかまとまらないんだけどどうしようかな?

レーティングが全然上がらない…どうしたらいいの?

フォームがいつもバラバラ安定しない…

と悩んでいる方の悩みを解決できる記事となっています。

この記事で解説する『ダーツでグルーピングを最小にまとめるコツ8選』
で、ダーツが伸び悩んでいる方でも、なにかしらのきっかけを掴むことができるはずです。

それでは以下で『ダーツでグルーピングを最小にまとめるコツ8選』
について紹介しますね。

 

そもそもダーツのグルーピングとは?

グルーピングとは、3本のダーツを同じ場所にヒットさせる、
または、ダーツがまとまった状態のこと(3本のダーツを投げて、
ダーツ3本の”集まり具合”)を言います。

投げたダーツの3本の距離が近い(=グルーピングが良い)ということは、
スローイングの精度が高く、フォームが安定していることに繋がります。

ハットトリックを出すには、このグルーピングをブルの大きさ39cmの円の中にまとめなければいけない訳です。

 

ダーツのグルーピング精度を上げる練習方法3選

以下で、ダーツ歴10年、Rt17の私がグルーピング力をアップさせる
練習方法をご紹介します。

グルーピング練習方法① 刺さったダーツのフライトをめがけて投げる

ダーツ上達の為の基本的な練習方法です。

 

練習方法
  1. 1投目はブルをめがけて投げます
  2. 2投目は1投目のダーツの「フライト」にぶつけるように投げます。(この際1投目のダーツがどこに外れていようが、1投目のフライトをめがけて投げてください。)
  3. 3投目も同じように2投目のダーツのフライトをめがけて同じように投げる。

①~③をひたすら繰り返す。

グルーピングの練習をする際は1501など、点数を気にせず
投げ込めるゲームがおすすめです。

 

グルーピングの練習をする際のポイント

この練習の意図は「3回同じ動きをする」
という意識を身体に覚え込ませるための方法です。

3回とも全く同じ動きが出来ていれば3本とも同じ場所へ刺さるはずです。

ダーツで最も大切な事は

  1. 肘から下の身体を動かさない
  2. フォロースルーを毎回一定に
  3. 真っすぐ引いて真っすぐ投げる意識の徹底

上記3点です。

常に意識して投げ込みましょう。

 

合わせて読みたい:ダーツ上達方法SAフライトになる為に意識する5つの事
【RT17の私が本気で解説】ダーツ上達練習方法と意識する大切な5つの事
ダーツ歴10年、Rt17の私が、ダーツが最短で上達する為の練習方法と意識する5つの事を徹底解説いたします。

 

グルーピング練習方法② ハードボードで投げ込み

ハードボードで投げ込みも、グルーピングを最小限にまとめる為の上達最短ルートで、かなりおすすめです。

おすすめの理由①:ボードの大きさに差があるので精度が上がる

  • ソフトダーツのボードのサイズは直径39.37cm
  • ハードダーツのボードのサイズは直径33.528cm

これだけの差があります。

ハードボードで投げ込んでおくと、ソフトで投げた際
ターゲットが大きく感じる為グルーピング力がアップします。

 

おすすめの理由②:ダーツの軌道確認にもなる

ハードボードは自分のダーツの刺さり方や軌道がわかるので、
自分の投げたダーツどのようにダーツボードに着地したのかが
目に見えてわかる点も最大のメリットです。

刺さったダーツが真っ直ぐに刺さっているかを確認し
修正していくだけで、かなり高密度で効果的な練習ができます。

ダーツの軌道を確認しながら、「スタッキング」させてターゲットに打ち込む練習もグルーピング力アップに繋がります。

スタッキングとは?

刺さったダーツをめがけてなげる→ぶつけて入れる技術の事。

ソフトダーツは刺さったダーツの『下』から重ねていくに対して、
反対のアプローチですハードダーツは『上』から重ねていく
ということに特徴があります。

ソフトダーツの場合ブルの少し上に刺さると
ダーツが弾かれ入りにくくなってしまいますがハードダーツはその逆です

ブルの少し上に刺ささったダーツを
めがけて投げることで、入りやすくなります。

ハードボードでの投げ込みはグルーピング技術向上間違いなしです。

 

合わせて読みたい:ハードダーツに関する記事
ハードダーツを練習する最大のメリット3選をRT17の私が徹底解説!
ハードダーツを練習するメリットを Rt17の私が徹底解説します。

 

グルーピング練習方法 ③対人戦をしないで一人で投げ込む

これもかなり重要です。

グルーピングの精度を上げる為にも、やはり最初は対人戦よりも
「一人で投げ込む」ことをおすすめします。

ダーツ上達の近道は、「自分の身体に合ったフォームをいち早く見つける」こと。

対人戦ですと、勝ち負けに意識がいってしまい、
フォームが崩れてしまいやすくなります。

楽しくないかもしれませんが、自宅にダーツボードを設置し、
グルーピングの精度を上げる為の投げ込みをひたすら行うことが
ダーツ上達最短ルートです。

 

合わせて読みたい:家練におすすめダーツボード「ダーツライブホーム」についての記事
ダーツライブホーム商品レビュー【音の比較など動画付きで徹底解説!】
ダーツライブホームを買おうか迷っている方必見!メリット・デメリットをRT17の私が包み隠さず徹底解説します

 

 

ダーツのグルーピングの精度を上げる方法(アイテム編)5選

グルーピングの精度はセッティングやアイテムでも変わってきます。

以下で、グルーピング力アップアイテムをご紹介しますね。

①フライトを小さくしてみる

やはりダーツはフライトで弾かれることは少なからずあります。

面積の大きさでダーツを飛ばす難易度は変わりますので、
自分に合った飛びに合わせてフライトを選びましょう。

スタンダードからシェープに変えるだけでも、
だいぶ弾かれにくくなります。

ダーツハイブ公式サイトからシェープフライト一覧をチェックする➡

 

②ダーツに回転がかかるバレルに変えてみる

ダーツに回転をかける事により、刺さったダーツにぶつかった際フライト同士が巻き込むことによってグルーピングがされます。

ダーツに回転をかけるにはそれなりの技術と練習量が必要になりますが、
ダーツのトッププレーヤーは皆ダーツに回転をかけて飛ばしております。

他にも左回転をかけるメリットはたくさんありますので、
伸び悩んでいる方・新しいきっかけが欲しい方是非
左回転に挑戦してみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい:ダーツの回転について詳しく説明している記事
ダーツに左回転をけかけるメリット・練習方法を徹底解説
ダーツに左回転をけかけるメリットと練習方法をRt17の私が徹底解説します。

 

③ストレートバレルに変えてみる

やはりこうして見てみるとバレル前方が太くなるため、
ストレートバレルに比べ、トルピードバレルは弾かれやすくなります。

ここ最近では、ストレートバレルが流行ってきている為、初心者にも投げやすいストレートバレルもたくさんあります。

是非、試してみてください。

合わせて読みたい:ストレートバレルまとめた記事
本当に投げやすかったダーツストレートバレル厳選10選「RT17の私が徹底解説」
【ダーツプレーヤー必見】本当に投げやすかったダーツストレートバレル10選をRT17の私が徹底解説します。

 

④No.5チップのバレルに変えてみる

No.5

MONSTER DARTSとL-STYLEが共同開発した新規格で、
2BAと同様にチップ側からネジ山が出ていますが、
ネジ山の直径は2BAよりも約1.6mm細くなっております。

1.6mmとかなり微妙な誤差ではありますが、
チップのスリム化と合わせてグルーピング時に
「弾き」効果を軽減させることになります。

ダーツハイブ公式サイトからNo.5バレル一覧をチェックする➡

⑤家ダーツボードを設置する

繰り返しにはなりますが、グルーピングの精度を上げる最速の近道は、
やはり最初は対人戦よりも「一人で投げ込む」ことです。

ダーツを上達したいのであれば、
まずは「自分の身体に合ったフォームをいち早く見つける」こと。

自宅ににボードを設置して、グルーピングの精度を上げましょう。

合わせて読みたい:ダーツボードの設置について
ダーツを家に設置して圧倒的に差をつける3ステップ徹底解説
【ダーツボードを家に設置しようか迷っている方必見】価格、設置手順、おすすめダーツボードも合わせて解説します。

 

ダーツのグルーピングの精度を上げる方法まとめ

グルーピングの精度を上げる練習方法 3選

  1. 刺さったダーツのフライトをめがけて投げる
  2. ハードボードで投げ込み
  3. 対人戦をしないで一人で投げ込む

グルーピングの精度を上げる方法(アイテム編)5選

  1. フライトを小さくる
  2. 左回転のかかるバレルに変えてみる
  3. ストレートバレルに変えてみる
  4. No.5チップのバレルに変えてみる
  5. 家でとにかく投げ込む

ダーツ上達の最短ルートはやはり
一人で家で色々研究しながら投げ込むことです。

最小のグルーピング力を手に入れてSAフライトを目指しましょう。

以上、ダーツのグルーピングを最小にまとめる練習方法についてでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました