ダーツバレルのカット(刻み)10選をRT17の私がわかりやすく解説!

SAフライトになる為のダーツ練習方法

 

 

どうもダーツインストラクターほとちゃんです。

 

今回はダーツ歴10年、Rt17の私が

 

ダーツバレルのカットってどんな種類があるの?

どんなカットが自分に合っているかわからない

カットの違いによってどんな効果があるの?

と悩んでいる方の悩みを解決できる記事を書いてます。

この記事で解説する『ダーツバレルのカット(刻み)8種類を徹底解説』を理解すれば、
バレル選びの際自分にあったバレルor自分に合ったバレルをばっちり選べるようになります。

 

私自身はダーツを10年やっておりますが、今までたくさんのバレルを投げてきて、自分に合ったバレルが完璧にわかってます。

 

それでは以下で『ダーツバレルのカット(刻み)10種類』
について紹介しますね。

 

ダーツバレルのカット(刻み)の重要性と選び方

カットにはたくさんの種類があります。

自分にあったor自分好みのカットの選びで一番大切になるのが

  • 引っ掛かりすぎないこと
  • すべりすぎないこと

この2点です。

 

人それぞれ、指先の皮膚の固さや湿度、グリップの強さは違いますので、
自分好みのバレルは結局自分で見つけるしかないのです。

初心者は人からおすすめされたものを買うのも良いですが、

たくさん色々なバレルを投げて、自分の身体にあったバレルを見つけるのもダーツの醍醐味です。

 

以下で、ダーツバレルのカットの特徴を紹介していきます。

自分に合うカットを見つけてみてください

ダーツバレルのカット(刻み)10選

①リングカット

リングカット

  • 最も一般的と言えるカットで、横から見たときにU字のような形状
  • どんな投げ方でもオールマイティーにサポートしてくれるカット
  • ダーツ初心者さんにもおすすめ
  • バレルにリングがついた様なカットで、適度に指にかかるのが特徴
  • 感覚を狭くしたダブルリングカット、トリプルリングカットがあり、溝の深く、幅がせまいほど指にかかりやすくなります
  • 最近流行りのストレートバレルへの使用が高い
  • シャークカットに比べてカットの劣化も遅く、長持ちしやすい
リングカットのバレルを使ったプレーヤーの記事
ボリス・カリチュマーの投げ方・セッティング徹底解説
【ダーツプレーヤー必見】ボリス・カリチュマーの使用バレル・グリップ等などをRT17の私が徹底解説
ファウルクス 昌司エドワードプロの新作バレル・グリップ・フォーム徹底解説
【ダーツプレーヤー必見】ファウルクス 昌司エドワードプロのバレル/グリップ等などをRT17の私が徹底解説します
大崎 裕一プロ使用バレル・グリップ・投げ方等などをRT17の私が徹底解説
【ダーツプレーヤーは必見】大崎 裕一プロ使用バレル・グリップ・投げ方等などをRT17の私が徹底解説します。

 

 

②シャークカット

シャークカット

  • 名前の通り、サメの肌のようなカットです
  • バレルに返しの様なカットが入ったもので、最も指のかかりが強いギザギザのカット
  • かかりが強い分滑り難く、投げる力を余さず伝える事ができる為、
    押し投げタイプにおすすめ
  • 特にバレルの後方部分にシャークカットがかかっていると、
    ダーツを離す最後のひとおしで力をのせやすくなります
  • カットの感覚を意識しながらダーツをグリップしている人には、
    とてもしっくりくるかと思われます
  • カットが鋭い分削りやすく、消耗も早いのがデメリット
シャークカットのバレルを使ったプレーヤーの記事
まよんぬのプロフィール/新作バレル徹底解説!
【ダーツプレーヤー必見】森田真結子(まよんぬ)プロのプロフィール/新作バレルをRT17の私が徹底解説!
ピーターライトのおすすめバレル10選【グリップ・フォームも合わせて徹底解説】
RT17の私がピーターライトのおすすめバレル10選とグリップ・フォームも合わせて徹底解説します。

 

 

③ノーグルーブ

Designa(デザイナ) Smoothies V2(スムージーズV2) M3 2BA 21g (ダーツ バレル)

  • ノーグルーヴは、カットがないタイプのバレルです
  • カットが無いので指への掛かりが全く無く、
    スロー時の指抜けは最も自然になります
  • プレイヤーの投げ方や力加減が特に重要になります
  • 手が乾燥してたり、手汗など指先の状態に左右されるので注意点
  • 指離れに悩んでいる人やある程度フォームが安定している人向け
  • そもそもカットが無いので劣化は無いのもメリット
合わせて読みたい:おすすめノーグルーブのバレル10選
ノーグルーブのおすすめバレル厳選10選!メリット・デメリットも合わせて解説
「ノーグルーブバレルお考えの方必見」Rt17の私がおすすめノーグルーブバレル10選ご紹介します。

 

 

④マイクロカット

  • リングカットをより細かく入れたものでリングカットより
    グリップ力があります
  • 細かい刻みが特徴で指へのかかりは少ないものの、
    指に吸い付くような感覚
マイクロカットのバレルを使ったプレーヤーの記事
大和久明彦プロの使用バレル/グリップ等などをRT17の私が徹底解説
【ダーツプレーヤー必見】大和久明彦プロの使用バレル/グリップ等などをRT17の私が徹底解説します
松田純プロのダーツバレル/グリップ/フォーム等など徹底解説!
【必見】松田純プロの投げ方をRt17の私が徹底解説します。

 

 

⑤ドットカット・ピクセルカット

 

ピクセルカット

  • バレルを1周するカットではなく、ポイントでカットを入れている、
    ポコっとした、穴のようなくぼみが特徴のカット
  • かかり具合の調整によく使われ、投げたときの手離れが
    良い刻みとなっています
  • カットのどの部分を握っても安定したグリップができ、
    投げる時の指離れも必要以上に掛からない
  • デザインの面でも大人気のカットです
  • ローレット加工とシャークカットの間くらいのカット力があり
    シャークカットはかかりすぎるという方におすすめのカット
ドットカット・ピクセルカットのバレルを使ったプレーヤー
西哲平プロのフォーム/グリップ/使用ダーツ等など徹底解説
西哲平プロのフォーム/グリップ/使用ダーツ等などをRT17の私が徹底解説します。
西谷譲二プロの使用バレル・グリップ・投げ方等などをRT17の私が徹底解説!
【ダーツプレーヤー必見】 西谷譲二プロの使用バレル・グリップ・投げ方等などをRT17の私が徹底解説!

 

⑥ウィングカット

 

ウィングカット

  • シャークカットに似ていますが、シャークカットよりも
    指へのかかりはソフト
  • カット後半が鋭くなく、やや緩やかなになっています
  • シャークカットでは指への掛かりが強すぎて気になる
    という方は是非試してみて下さい
ウィングカットのバレルを使ったプレーヤーの記事
広瀬貴久プロのセッティング・グリップ・投げ方徹底解説
【ダーツプレーヤー必見】広瀬貴久プロの使用ダーツ・グリップ・投げ方等などをRT17の私が徹底解説!
ピーターライトのおすすめバレル10選【グリップ・フォームも合わせて徹底解説】
RT17の私がピーターライトのおすすめバレル10選とグリップ・フォームも合わせて徹底解説します。

 

⑦トライアングル・デルタカット

  • 三角形のカット
  • 最近のプロモデルでは写真のように、他のカットと
    組み合わせて入っている
  • しっかりとしたグリップ感が感じられるカット
トライアングル・デルタカットのバレルを使ったプレーヤー
大和久明彦プロの使用バレル/グリップ等などをRT17の私が徹底解説
【ダーツプレーヤー必見】大和久明彦プロの使用バレル/グリップ等などをRT17の私が徹底解説します
小野恵太プロ新作バレル「ソロ ジェネレーション5」をRt17の私が徹底レビュー
小野恵太プロ新作バレル「ソロ ジェネレーション 5」発売決定! をRt17の私が徹底レビューします

 

⑧ストーンカット・サンドブラスト加工

サンドブラスト

  • ストーンカットは、カット部分にざらざらとした粉を
    ちりばめているようなカット
  • ヤスリのようなざらつきを感じ、カットというより
    加工的役割を果たしている
  • ストーンカット単体ではなく、複数のカットと
    混合して施しているタイプが多い
  • リングカットやシャークカットの様に強い役割はないため、
    デザイン性を求めている人にはアクセントとしておすすめ
  • ストーンカットには表面がざらざらしているため
    滑りにくく、ダーツのすっぽ抜け防止になる
  • 普段滑り止めを利用していたり、リリースするタイミングで
    うまく指を離せない人におすすめ
  • ノーグルーブに少し吸い付き力をつけた加工であり
    握りやすさはそのままでグリップ力だけ向上
    しているようなイメージ
  • ノーグルーブでは、滑りすぎてしまう方におすすめのカット
ストーンカット・サンドブラスト加工バレルを使ったプレーヤー
小野恵太プロ新作バレル「ソロ ジェネレーション5」をRt17の私が徹底レビュー
小野恵太プロ新作バレル「ソロ ジェネレーション 5」発売決定! をRt17の私が徹底レビューします

 

⑨ダイヤモンドカット、ローレット加工

 

ローレット加工

  • 取手などをひねる際のグリップの為に使用されている加工方法
  • ハウスダーツによく見るカットとなっており、バレル全体に網目状(ひし形)にカットを入れているバレル
  • 今まで紹介したカットのように横一直線ではなく、
    クロスしているのがポイント
  • 指の掛かり具合はリングカットのシングルよりも小さく、
    カットの無いノーグルーブよりは掛かる程度です
ダイヤモンドカット、ローレット加工バレルを使ったプレーヤー
小野恵太プロ新作バレル「ソロ ジェネレーション5」をRt17の私が徹底レビュー
小野恵太プロ新作バレル「ソロ ジェネレーション 5」発売決定! をRt17の私が徹底レビューします

 

⑩トラペゾイダルカット

 

トラペゾイダルカット

 

  • 四角いカットエリアが特徴的なカットで、リングカットよりも
    少し弱いくらい
  • 意外とクセのないカットとなっているので、リングカットがしっくりこない方は一度試す価値ありです
トラペゾイダルカットのバレルを使ったプレーヤーの記事
ポール・リムのダーツバレル7選!グリップ・投げ方も合わせてRT17の私が徹底解説
【ダーツプレーヤーは必見】ポール・リムのダーツバレル6選!グリップ、投げ方も合わせてRT17の私が徹底解説

 

ダーツバレルのカット まとめ

  1. リングカット
  2. シャークカット
  3. ノーグルーブ
  4. マイクロカット
  5. ドットカット・ピクセルカット
  6. ウィングカット
  7. トライアングル・デルタカット
  8. ストーンカット・サンドブラスト加工
  9. ダイヤモンドカット、ローレット加工
  10. トラペゾイダルカット

以上10選種類でした。

 

バレルを購入する際は、実際に自分で触ってみて、グリップ感の良いバレルを選ぶことをおすすめします。

同じ材質のバレルでも、刻み(カット)によって、グリップ感は結構違うので、触って確認することが大切です。

以上、ダーツバレルのカットについてでした。

 

合わせて読みたい:おすすめダーツブランド10選
ダーツブランドおすすめ13選まとめ!【投げやすいバレルも合わせてご紹介】
本当におすすめのダーツブランド12選をダーツ歴10年、Rt17の私がご紹介させて頂きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました