ダーツ 壁の保護おすすめアイテム10選ご紹介

バレルの特徴を徹底解説まとめ

どうもダーツインストラクターほとちゃんです。

 

今回はダーツ歴10年、Rt17の私が

 

ダーツを投げる際、壁を保護するアイテムを教えて欲しい

設置方法も分かりやすく教えて

どこで買えるの?

などの疑問を解決できる記事です。

それでは以下で『ダーツ 壁の保護おすすめアイテム10選』
について紹介しますね。

ダーツ 壁の保護アイテムってどんなものがあるの?

ダーツを投げる際、壁の保護アイテムは主に

  • バックボード付ダーツスタンド
  • サラウンド

があります。
一つ一つ説明していきますね。

バックボード付ダーツスタンドとは?

D.craft(ディークラフト) ダーツスタンド アルテミス (ダーツ スタンド)

保護ボードが設置されてるダーツスタンドの事です

ボードよりも大きめのバックボードが設置されておりますので、
外した際も、確り壁を保護してくれます。

ソフトダーツボード購入を検討されている方は
一緒に設置することをおすすめします。

さらに、ダーツスタンドのメリットは、
壁に直接ダーツボードを設置しない為、
そういった面でも壁の保護になります。

合わせて読みたい:ダーツスタンドの種類についての記事
おすすめダーツスタンド11選!【Rt17の私が厳選してご紹介】
おすすめのダーツボードスタンドを厳選して11選Rt17の私がご紹介します。

 

サラウンドとは?

TARGET(ターゲット) PRO TOUR SURROUND(プロツアーサラウンド) (ダーツ ボード)

サラウンドは、ハードダーツボードに取り付ける
アイテムのことです。

ダーツボードを囲むように取り付ける事で、万が一ダーツが
アウトボードしてしまっても壁などを傷つけません。

自宅にハードダーツボードを設置をお考えの初心者の方はもちろん、
ダーツ経験者の方も、ダブルナンバーを狙う際大きく外す事もありますのでサラウンドは、ハードダーツボード設置する上で必須アイテムです。

 

合わせて読みたい:ハードダーツについての記事
ハードダーツを練習する最大のメリット3選をRT17の私が徹底解説!
ハードダーツを練習するメリットを Rt17の私が徹底解説します。

 

 

以下で、おすすめ「バックボード付ダーツスタンド」と
「サラウンド」10選をご紹介していきます。

 

ダーツ 壁の保護アイテム:おすすめバックボード付ダーツスタンド5選

①BLITZER(ブリッツァー) コーナーダーツスタンド

BLITZER(ブリッツァー) コーナーダーツスタンド BSD31-BK (ダーツ ボード スタンド)

BLITZER(ブリッツァー) コーナーダーツスタンドの詳細をチェック➡

  • バックボード付で、ブリッツァー製のダーツボードスタンドです
  • 「縦に足らない、横でも足りない。だったら斜めに置けばいい」
    をコンセプトに開発されました
  • 部屋の角に設置することで、デッドスペースを活用しつつ、部屋の対角線上にスローラインまでの距離を作り出せます
  • 棚板の角度は85度、設置する向きを微調整可能で設置環境にあわせて調整した設置が可能

 

②BLITZER ダーツスタンド BSD21-WH

BLITZER(ブリッツァー) ダーツスタンド BSD21-WH (ダーツ スタンド)

BLITZER(ブリッツァー) ダーツスタンド BSD21-WHの詳細をチェック➡

  • スチールラック方式を採用し、場所を選ばずにダーツ環境を整えられるバックボード付ダーツボードスタンド
  • 棚タイプなので、壁紙への直付けや天井までのつっぱり棒は不要
  • 自立式だから好きな場所にレイアウトでき隣家への音を軽減
  • 安定性のあるΦ48ミリ大型アジャスターを採用
  • スチール表面には、塗膜が厚く強度があり、耐候性、防錆能力に
    優れるパウダーコーティング(粉体塗装)を採用
  • 棚の上部にはシートが付属され、床の保護が可能
  • ビジュアルもクセなく、インテリアの雰囲気を邪魔しない
    本格的なダーツスタンドです

 

③D.craft(ディークラフト) ダーツスタンド アルテミス

D.craft(ディークラフト) ダーツスタンド アルテミス (ダーツ スタンド)

D.craft(ディークラフト) ダーツスタンド アルテミスの詳細をチェック➡

  • ダーツブランド、DCRAFTの自立型のダーツボードスタンドです
  • 約12kgと自立式ボードスタンドとしては比較的軽量で、
    説明書付きで組み立てもしやすいお手軽スタンド
  • 人気のグランボードやハードボードにも対応しているので、小さめの大会等でも使用可
  • 真ん中にはダーツを立てるフォルダーが付いており、
    9本ダーツを立てておけます
  • 普段は立てかけておいて、使う時だけ広げられるのはなかなか便利
  • 手軽なバックボード付スタンドをお探しの方におすすめ

 

④DYNASTY ダーツボード設置専用スタンド(ブラック)

DYNASTY ダーツボード設置専用スタンド DY01-BK <ブラック>
DYNASTY ダーツボード設置専用スタンド(ブラック)の詳細をチェック➡

  • ダーツボードを気軽に設置できる専用スタンド
  • 製品上部のダーツボード設置板へダーツボードを取り付ければ、
    いつでもご家庭でダーツを楽しめるダーツボードスタンドです
  • 製品中部のロゴ入りダーツスタンドへは、6本のダーツが収納可能
  • ダーツ全体のフォルムが見えるように収納できる為、
    インテリアとしても最適です
  • 製品下部へは転がり落下しやすい小物は、囲いのある天板へ、
    重量物は網棚へ置けるように配慮されています
  • こちらはブラックのカラーとなります

 

⑤DYNASTY ダーツボード設置専用スタンド(ホワイト)

DYNASTY ダーツボード設置専用スタンド DY01-WH <ホワイト>

DYNASTY ダーツボード設置専用スタンド(ホワイト)の詳細をチェック➡
(④ホワイトカラーです。)

 

合わせて読みたい:ダーツを家に設置する3ステップ
ダーツを家に設置して圧倒的に差をつける3ステップ徹底解説
【ダーツボードを家に設置しようか迷っている方必見】価格、設置手順、おすすめダーツボードも合わせて解説します。

ダーツ 壁の保護アイテム:おすすめサラウンド5選

①TARGET(ターゲット) PRO TOUR SURROUND

TARGET(ターゲット) PRO TOUR SURROUND(プロツアーサラウンド) (ダーツ ボード)

TARGET(ターゲット) PRO TOUR SURROUNDの詳細をチェック➡

  • 総合ダーツブランド、ターゲットのダーツボードサラウンドです
  • ボードの周りを保護し、アウトボードしてしまった際、壁を傷つけたりすることを防ぎます
  • ハードダーツをプレーしたいけど、周りの壁を傷つけたくない方へ
    おすすめです
合わせて読みたい:ダーツブランド「TARGET」についての記事
TARGETの投げやすかったダーツバレル10選【Rt17の私が厳選してご紹介】
【ダーツプレーヤー必見】TARGETの本当に投げやすかったバレル10選をRt17の私が厳選してご紹介します。

 

②One80(ワンエイティ) PU Plain Surround

One80(ワンエイティ) PU Plain Surround (ダーツ ボード サラウンド)

One80(ワンエイティ) PU Plain Surroundの詳細をチェック➡

  • 丸形のはめ込み型サラウンド
  • ダーツメーカー、ワンエイティの丸型のダーツボードサラウンド
  • ダーツボードを囲むように取り付ける事で、万が一ダーツがアウトボードしてしまっても壁などを傷つけません
  • サイズは内径約45cm・外径約68cmのサイズとなっております

 

③DYNASTY ダーツボードサラウンド 丸形

DYNASTY(ダイナスティー) ダーツボードサラウンド 丸形 <1PIECE> ブラック (ダーツ ボード サラウンド)

DYNASTY ダーツボードサラウンド 丸形の詳細をチェック➡

  • ダイナスティの丸型のダーツボードサラウンドです
  • PU素材で製造されたダーツボードサラウンド
  • 素材による光沢が、高級感を醸し出します

 

④DYNASTY 接続式ダーツボードサラウンド 角型

DYNASTY(ダイナスティー) 接続式ダーツボードサラウンド 角型 【451】 (ダーツ ボード)

DYNASTY(ダイナスティー) 接続式ダーツボードサラウンド 角型 【451】 (ダーツ ボード)

DYNASTY 接続式ダーツボードサラウンド 角型の詳細をチェック➡

  • 確かな品質と、その所有のプレミアム感が特徴の本格派ブランド、ダイナスティ製のダーツボードサラウンドです
  • 斜めに設置することもできるスクエア型となっています
  • 接続式なのでコンパクトに収納もOK

⑤DYNASTY接続式ダーツボードサラウンド 丸形

DYNASTY(ダイナスティー) 接続式ダーツボードサラウンド 丸形 【451】 ブラック (ダーツ ボード サラウンド)

DYNASTY(ダイナスティー) 接続式ダーツボードサラウンド 丸形 【451】 ブラック (ダーツ ボード サラウンド)

DYNASTY接続式ダーツボードサラウンド 丸形の詳細をチェック➡
④の丸形タイプです。

合わせて読みたい:「DYNASTY」についての記事
ダイナスティーの投げやすかったダーツバレル10選【RT17の私が厳選してご紹介】
ダイナスティーの投げやすいバレルを厳選してご紹介します。

 

 

ダーツ 壁の保護についてまとめ

D.craft(ディークラフト) ダーツスタンド アルテミス (ダーツ スタンド)

ダーツを投げる際、壁の保護アイテムは主に

  • バックボード付ダーツスタンド
  • サラウンド

があります。

バックボード付ダーツスタンドとは?
  • ボードよりも大きめのバックボードが設置されておりますので、
    外した際も、確り壁を保護してくれます。
  • さらに、ダーツスタンドのメリットは、
    壁に直接ダーツボードを設置することが無い為、
    そういった面でも壁の保護になります

 

サラウンドとは?
  • サラウンドは、ハードダーツボードに取り付ける
    アイテムのことです
  • ダーツボードを囲むように取り付ける事で、万が一ダーツが
    アウトボードしてしまっても壁などを傷つけません
  • 自宅にハードダーツボードを設置をお考えの初心者の方はもちろん、
    ダーツ経験者の方も、ダブルナンバーを狙う際大きく外す事もありますので、ハードダーツボード設置する上で必須アイテムです

 

以上、ダーツ 壁の保護おすすめアイテム10選でした。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました