マイダーツの選び方をRt17の私が徹底解説【初心者必見!】

バレルの特徴を徹底解説まとめ

どうもダーツインストラクターほとちゃんです。

 

今回はダーツ歴10年、Rt17の私が

 

自分に合ったマイダーツの選び方を教えて欲しい

値段はいくらくらいの物を買ったらいいの?

初心者にもわかりやすく教えて

と悩んでいる方の悩みを解決できる記事となっております。

この記事で解説する『【初心者必見!】マイダーツの値段や選び方をRt17の私が徹底解説』
を読んで頂ければ、ダーツ初心者でも自分にピッタリ合ったマイダーツ選びができます。

 

それでは以下で『マイダーツ選びの基礎知識』について紹介しますね。

 

初めに結論から、これを選べば間違いない初心者におすすめマイダーツのセッティング

初心者におすすめのバレル
  • タングステン性90%以上で、重さは17g~20gのバレル
  • トルピード形状のバレル
  • 強すぎないカットのバレル
  • 2BAもしくはNo.5タイプのバレル

 

初心者におすすめのフライト

スタンダードフライト」or「シェイプフライト」です。

ディークラフト エルフライト お菓子 D-craft FlightL Sweets

エルフライト一覧をダーツハイブ公式ホームページからチェックする➡

初心者におすすめのシャフト

L-style プレミアムエルシャフト カーボン ロック ストレート 260です。

L-style(エルスタイル) Premium L-SHaft CARBON(プレミアムエルシャフト カーボン) ロック ストレート (ダーツ シャフト)

【ダーツ】L-Style 新製品 ”プレミアムエルシャフト” 開封&使用感レビュー【ハード/ソフト】

プレミアムエルシャフト カーボン ロック ストレートの詳細をチェックする➡

 

初心者におすすめのチップ

プレミアムリップポイントの2BAもしくはNo5です。

【L-style】プレミアムリップポイント エルスタイル  Premium Lippoint 30P

プレミアムリップポイント一覧をダーツハイブ公式ホームページからチェックする➡

 

 

値段は合計2万円ほどでプロ使用のダーツ一式揃えることができます。
初心者のマイダーツは上記を選んで頂ければ間違いございません。

以下で詳しく解説していきます。

 

マイダーツ選びの基礎知識 4選

ダーツ部品の名称
引用元:ビリヤード&ダーツ【イーアールスポーツ】

ダーツは「バレル」「フライト」「シャフト」「チップ」
の4つのパーツによって構成されています。

初心者は、すべて癖のないシンプルな形状のパーツを選ぶことをおススメします。

マイダーツ選びの基礎知識① バレル編

ソース画像を表示

バレルは、素材・カット(バレル全体に施された刻み)・形状・規格の違いで
とにかく多種多様な種類があります。

自分の手に合ったダーツを探すには中々に大変な事ですが、バレルはダーツアイテムの中でも
1番重要なパーツのため、妥協せず自分に合うバレルを探しましょう。

 

バレルの素材 2種類

素材は主に「タングステン」と「ブラス」の2種類が使われています。

①タングステンダーツ

ソース画像を表示

  • ダーツバレルの中で1番多く使用されている素材
  • 比重が重く、丈夫な為、細くても重さのある丈夫なダーツを作る事が可能
  • タングステンの含有率によっても価格が変動し、3,000円台〜高価なものだと
    30,000円を超えるのものまである
  • 90%タングステン素材の10,000円前後のバレルが一般的です
②ブラスダーツ

ソース画像を表示

  • 比較的軽い金属のため、ある程度重さを出す為に太くなってしまう
  • 基本的にダーツバーなどに初心者用に置いてある「ハウスダーツ」に使われている
  • 価格もお手頃で1,000円台〜購入可能
  • どうしても太くなってしまうのでグルーピングの面で不利になるのがデメリット

 

重さがあったほうが投げるときにダーツに力が伝わりやすいので
初心者におすすめなのがタングステンダーツです

 

バレルのカットについて

ソース画像を表示

  • カットによって、グリップした時の指への掛かり具合と、手離れの感覚が変化します
  • グリップにおける機能性だけでなく、デザイン性も大いに左右するため、
    マイダーツ選びには必須の項目
  • 代表的なものは、まっすぐ刻まれた「リングカット」が多くのバレルに使われてます

初心者には、細めの「リングカット」や「マイクロカット」がある手離れ重視のカットが
おすすめです。

 

合わせて読みたい:ダーツバレルのカット(刻み)10選をわかりやすく徹底解説
ダーツバレルのカット(刻み)10選をRT17の私がわかりやすく解説!
【ダーツプレーヤー必見】ダーツバレルのカット(刻み) 10種類をRT17の私がわかりやすく徹底解説いたします

 

バレルの形状 2種類

バレルの形状は大きく分けて、「トルピードバレル」と「ストレートバレル」の2種類です。

トルピードバレルの特徴

ソース画像を表示

  • 魚雷状に成形されたバレルのこと
  • バレル前方が膨らんでおり、後方に向けだんだんと細くなる特徴
  • 前方に重心があるため重みを感じ重心がとりやすい
  • 比較的重心がハッキリしているので、グリップする時に同じ持ち方になりやすい
  • 力が伝わりやすく、楽に飛ばせる
  • 弧を描いてキレイに安定して飛びやすい
  • 一般的に初心者向けのバレル
合わせて読みたい:トルピードバレルについての詳細記事
本当に投げやすかったダーツトルピードバレル10選!【RT17の私が徹底解説】
RT17の私が今まで投げたトルピードバレルの中で、本当に投げやすかったバレルを厳選して10選ご紹介します

 

ストレートバレルの特徴

ソース画像を表示

  • 文字通り、バレル全体のアウトラインが真っ直ぐのタイプ
  • 細めのバレルが多くグルーピングで有利
  • センター重心のため、初心者にはやや重心がとりずらく中級者から上級者向け
合わせて読みたい:ストレートバレルについての詳細記事
本当に投げやすかったダーツストレートバレル厳選10選「RT17の私が徹底解説」
【ダーツプレーヤー必見】本当に投げやすかったダーツストレートバレル10選をRT17の私が徹底解説します。

 

初心者におすすめなのはグリップする時に同じ持ち方になりやすいトルピードバレルです

 

バレルの規格 3種類

バレル先端の規格が大きく分けて3種類あります。
規格によって使用するチップも変わりますので注意してください。

バレルの規格① 2BA

2BA

  • バレル側が凹、ティップ側が凸のネジ穴タイプ
  • 通常のマイダーツに使用されるチップで、最もポピュラーなチップ
  • ユーザーが多い事もあり、チップの長さ、形状、色など 種類が豊富

 

バレルの規格② 4BA

4BA

  • 2BAと逆の規格で、バレル側が凸、チップ側が凹
  • 先までバレル素材で埋まっている為、前重心になりやすい構造
  • ハードダーツからソフトダーツに移行したプレイヤーには、先端のポイントまで
    金属で出来ているハードダーツに間隔が近い4BAが好まれやすい

 

バレルの規格③ No.5

No.5

  • 2013年にバレルメーカーの「モンスター」と「エルスタイル」が共同開発
  • 2BAと同様にバレル側が凹、ティップ側が凸のネジ穴タイプ
  • ネジ部分の径が1.6mm程細くなっている
    ティップのスリム化から4BAに近いグルーピング性能を実現
  • グルーピングに有利な規格

初心者におすすめな規格は最もポピュラーな2BAもしくはNo.5を選べば間違いないです

 

初心者におすすめのバレル
  • タングステン性90%以上で、重さは17g~20gのバレル
  • トルピード形状のバレル
  • 強すぎないカットのバレル
  • 2BAもしくはNo.5タイプのバレル
がおすすめです。
初めはシンプルな形状・標準な重さのバレルを選ぶようにしましょう。

 

ダーツ歴10年、Rt17の私が本気で厳選した「初心者におすすめバレル10選」
から選んでいただければ間違い御座いません。
どれもシンプルな形で本当に投げやすいおすすめなものを厳選して選びました。
ダーツ初心者におすすめ!本当に投げやすかったバレル10選ご紹介
【ダーツ初心者向け】ダーツ歴10年Rt17の私が、本当に投げやすかったバレル10選をご紹介。 選び方も合わせて徹底解説します。

 

マイダーツ選びの基礎知識② フライト編

フライト イメージ
引用元:ビリヤード&ダーツ【イーアールスポーツ】

  • フライトの最大幅や表面積によってダーツの飛び方に変化が生じます
  • フライトの形状は、伝統的な形としては 「スタンダード」 「シェープ」「ロケット」
    「ティアドロップ」「カイト」「スリム」などがある
  • フライトが大きくなればなるほど、ダーツの姿勢制御力が大きくなり安定感が増します

 

初心者におすすめのフライト
ディークラフト エルフライト お菓子 D-craft FlightL Sweets

やはり初心者にはスタンダードやシェイプの大きめのフライトがおすすめです。

ほとんどのプロプレイヤーがシェイプの形状を使っていますので、やはり面積の大きい形状のフライトの安定性は高く、プレイヤーに最も重視されるポイントと言えます。

フライト一覧をダーツハイブ公式ホームページからチェックする➡

 

 

マイダーツ選びの基礎知識③ シャフト編

シャフトの長さによる違い
引用元:DARTS SHOP MAXIM

  • 一般的には長いものは安定感があるといわれています
    しかし、長ければ長くなるほど、フライトの効果は小さくなり綺麗に飛ばすのが困難
  • 様々な素材の物があり、大きく分けてナイロン製、アルミニウムやチタニウムなどの
    金属製、そしてプラスティック製に分けられる
  • グルーピングに有利なフライトを回転させるためのスピンタイプもあります

 

初心者におすすめのシャフト
L-style(エルスタイル) Premium L-SHaft CARBON(プレミアムエルシャフト カーボン) ロック ストレート (ダーツ シャフト)

初めは難しく考えすぎず、長すぎず短すぎない中間サイズを試し、
徐々に投げ方に合わせて他のサイズも試してみるのがベストです。

シャフトの悩みで一番大きいのが、「折れる」ということ。

結論、L-style プレミアムエルシャフト カーボン ロック ストレート260が初心者におすすめです。

プレミアムエルシャフト カーボン ロック ストレートの詳細をチェックする➡

 

カーボンシャフトについての詳細記事

 

マイダーツ選びの基礎知識④ チップ編

ダーツのチップは、バレルと同じく大きく分類して3種類あります。
バレルの仕様よって異なりますので注意して買いましょう。

①2BAチップ

L-style(エルスタイル) Premium Lip point(プレミアム リップポイント) 2BA 30本 (ダーツ チップ)

  • 通常のマイダーツに使用されるチップで、最もポピュラーなチップ
  • ネジ幅は約4.0mmです
  • オスネジ形状で、バレルにねじ込ませるタイプになります。ユーザーが多い事もあり、
    長さ、形状、色など 種類が豊富

 

②4BAチップ

Acute Lip【アキュートリップ】 50本入り リップポイント チップ ティップ 4BA Tip 逆ネジ ダーツアイテム ソフトダーツ SOFTDARTS

  • 2BAチップとは、ネジの形状が逆のメスネジ形状でチップにバレルをねじ込ませるタイプ
  • ダーツを前重心にし、ハードダーツに近い感覚で投げれるように 開発された形状

 

③NO.5

L-style(エルスタイル) Premium Lip point(プレミアム リップポイント) No.5 30本 (ダーツ チップ)

  • NO.5は、少し細めの規格
  • ネジ幅は約2.4mmです
  • 2013年に日本メーカーのMONSTER DARTSとL-styleの共同開発により登場した新規格
  • 2BAよりもネジ幅が約1.6mm細い
  • グルーピングにも有利

 

チップの長さ

大きく分けて

  1. ショート(18-22mm前後)
  2. ノーマル(24-25mm前後)
  3. ロング(27mm-31mm前後)

があります。

初めてのチップは、ノーマルサイズを選んでおけば間違いないです

 

初心者におすすめのチップ
L-style(エルスタイル) Premium Lip point(プレミアム リップポイント) 2BA 30本 (ダーツ チップ)

その中でも、折れにくく、刺さりやすいプレミアムリップポイントの2BAもしくはNO.5
がおすすめです。
カラーバリエーションなどもいろいろありますので自分の好みのものを探してみましょう。

プレミアムリップポイント一覧をダーツハイブ公式ホームページからチェックする➡

 

マイダーツの選び方まとめ

ソース画像を表示

初心者におすすめのバレル
  • タングステン性90%以上で、重さは17g~20gのバレル
  • トルピード形状のバレル
  • 強すぎないカットのバレル
  • 2BAもしくはNo.5タイプのバレル

 

初心者におすすめのフライト

「スタンダードフライト」or「シェイプフライト」

ディークラフト エルフライト お菓子 D-craft FlightL Sweets

初心者におすすめのシャフト

L-style プレミアムエルシャフト カーボン ロック ストレート 260

L-style(エルスタイル) Premium L-SHaft CARBON(プレミアムエルシャフト カーボン) ロック ストレート (ダーツ シャフト)

【ダーツ】L-Style 新製品 ”プレミアムエルシャフト” 開封&使用感レビュー【ハード/ソフト】

 

初心者におすすめのチップ

プレミアムリップポイント

【L-style】プレミアムリップポイント エルスタイル  Premium Lippoint 30P

 

上記4点を選んで頂ければ間違いございません。

まずは、あまり癖の少ないシンプルなセッティングで投げ込み、それから自分好みにカスタム
していく事をおススメします。

以上、マイダーツの選び方についてでした。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました